アクリル系とウレタン系塗料について

アクリル系とウレタン系塗料について

外壁塗装工事で使用されている塗料の種類やグレードにはいくつか分類されており、価格や耐久性などによって使い分けたり、おすすめの塗料は変わってくるかもしれません。
ここでは、アクリル系の塗料とウレタン系の塗料の特徴などについて少しご紹介していきたいと思います。
アクリル系の塗料の特徴としては、価格がとても安いというメリットがあることですが、耐久年数が5年から7年程度で汚れも付きやすいというデメリットもあります。
耐久年数が悪いことから、現在ではあまり使用されていないと言われております。
ウレタン系の塗料は、アクリル系の塗料のような汚れやすいというデメリットを改良するために開発された塗料で、耐久年数はアクリル系塗料よりも長く、7年から10年程度であると言われております。
また、このウレタン系の塗料には柔らかいという性質があるため、細部塗装などに使用するのに最適だとされているようです。
万能な塗料であると言われ、主流塗料として使用されてきたウレタン系塗料ではありますが、現在ではさらに改良された優れた塗料が開発されてきております。
しかし、塗装工事の価格を抑えることができるということもあり、下地などの塗料にはこのウレタン系のタイプを使用しているという業者もまだまだ多いと言われております。

    Copyright(C) 外壁塗装がおすすめな理由や種類などについてのご紹介 All Rights Reserved.