外壁塗装の種類とは

外壁塗装の種類とは

一般的に塗装に使われる塗料は4つに分けることができます。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素です。
アクリルは透明で価格が非常に安いのです。
重ね塗りもできるので外壁の色をいろいろ変えて楽しみたい方に向いています。
色もはっきりとさせることができるのですが、耐久性は4種類の中で一番低く、5年から8年ほどと言われています。
最近は外壁より塀や内部の塗装に多く使われています。
ウレタンは価格や機能を考えた時には全体のバランスが一番とれていて、柔らかいので下地や細部の塗装にぴったりです。
耐久性は8年から11年ほどです。
シリコンは近年一番人気が高い塗料で、品質が良いのに価格が手ごろなため、おすすめです。
汚れにくく、建物内部の結露を防いだり塗装膜の葉枯れも防いでくれます。
耐久性は12年から15年ほどです。
最後にフッ素ですが、こちらはとにかく耐久性が15年から20年と非常に長いことがメリットです。
汚れもつきにくく、はがれにくいことが特徴です。
長期間外壁の美しさを保ちたいという方には非常に良いものです。
品質は最高なのですが、価格も一番高いので住宅でこの塗料を使うのはなかなかありません。
しかしとにかく何度も塗りなおしてもらうのは面倒だという方には人気があるものです。
高級感を出したい場合も向いています。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 制御装置なしの軽量でコンパクトなリューベのオイル潤滑ポンプユニットなら、ヨーロッパの安全規格に適合しているので安心して使用出来ます。

  • 匠の技の継承を計って完成品組立をおこなっている会社なら、取引可能な600社の部品ベンダーを含む独自の部品調達ネットワークから、お客様のご要望に沿った最適品質・最適コストの部材を調達してくれるのでオススメです。

Copyright(C) 外壁塗装がおすすめな理由や種類などについてのご紹介 All Rights Reserved.