フッ素系の塗料について

フッ素系の塗料について

外壁塗装で使用されている塗料で、もっとも価格が高いのがフッ素系のタイプで、耐久性としてはおよそ15年程だと言われております。
シリコン系と同様に、耐水性や耐油性、耐薬品性などに優れており、外壁に使用されている塗料の中では超高耐久であるとされております。
それには、樹脂の結合力の違いが影響しているとされており、分子のレベルで見ていくと網目状となって繋がっている強い結合力が耐久性にあらわれていると考えられております。
塗料の膜にダメージを与えてしまうのは、酸性雨や大気汚染で、もっとも劣化の原因となっているのが紫外線であると言われております。
結合力が強く、紫外線にも強いためフッ素系のタイプは高価な塗料であるとされているのです。
ただ塗装工事の費用が高額になってしまうことや、耐久年数などに関してはシリコン系の塗料と性質が変わらないということから、外壁にはシリコン系の塗料を使用し、もっとも紫外線を浴びてしまう屋根部分にこのフッ素系の塗料を使用することがおすすめされているようです。
新しい分野の塗料としては、シリコン系の樹脂と無機系の樹脂のハイブリッドで、水性タイプでありながら分子がナノレベルで、とてもキメの細かいナノ系塗料という新しいタイプのものが開発されてきているようです。
外壁の塗料は、耐久年数や費用などを考えて決められるとよいかもしれません。

    Copyright(C) 外壁塗装がおすすめな理由や種類などについてのご紹介 All Rights Reserved.