塗装工事の流れについて

塗装工事の流れについて

外壁塗装の流れについてご紹介していきたいと思います。
まず、足場架設のために足場の準備から始まり、外壁を高圧洗浄していきます。
高圧洗浄は塗装工事をおこなう場合は必ず必要な工程で、壁面に付着してしまっているホコリなどの汚れや、カビなどを高い圧力によって吹き飛ばしていくのです。
モルタル壁の場合はカビが発生しやすいため、しっかりと汚れを洗浄しておくことが重要になってきます。
サイディング壁の場合は、表面がつるつるとしておりますので、ホコリなどの汚れが付いていたり、塗料との間に入り込んでしまうと塗料の接着を阻害してしまいますので、きれいに洗浄する必要があるのです。
高圧洗浄で汚れを取り除いたあとは、塗装を施さない箇所にビニールなどを使って養生をしていきます。
その後、ひび割れしている部分や反ってしまっている部分などの補修作業をおこなっていきます。
塗装の付着を向上させるための下塗りをおこない、塗装工事の打ち合わせに沿った塗料で中塗りをおこなっていきます。
さらに、契約書通りの塗料を使用して上塗りを施していきます。
木鉄部なども下地処理後に塗装をしていき、屋根部分なども一緒におこなう予定の場合には、外壁と同様に塗装をおこなっていきます。
塗装が完了したら足場を解体して完了です。
住宅を長持ちさせるためにメンテナンス時期をみて、塗装業者とご相談されることをおすすめいたします。

    Copyright(C) 外壁塗装がおすすめな理由や種類などについてのご紹介 All Rights Reserved.