外壁塗装をする時期の目安

外壁塗装をする時期の目安

では外壁を塗装してもらう目安となるのはいつなのかということですが、初めて塗り替えをしてもらう場合は新築から大体7年から10年ほどがちょうど良い時期です。
そして塗り替えが2度目以降であれば最後の塗り替えから10年から15年ほどだと考えておくといいです。
また外壁の様子を見て塗り替えを検討してみるのもおすすめです。
例えば、モルタルの外壁の場合、窓周りや壁に小さなひび割れができてきたり、壁に触った時に手や服などが白く汚れてしまったりした時が塗り替え時期だと覚えておいてください。
サイディングの外壁であればコーキングの目地や釘部分が割れてしまっていたり、壁が反って隙間ができてしまっているのがわかったら塗り替えのタイミングということになります。
外壁を塗り替える時には屋根や木の部分、ベランダ、浴室なども一緒に塗り替えてもらうのも良いです。
一箇所がきれいになれば他も徐々に気になってくるものですし、そう遠くない時期に直さなくてはいけないことになるからです。
木部は傷んでくると変形したり腐食してきてしまいますし、鉄部も錆びたり腐食してしまうことで強度が落ちてしまいます。
屋根も塗装が劣化してしまうと雨漏りをしてしまう恐れも出てきてしまうので気になる時に早めにしてしまったほうがいいです。

    Copyright(C) 外壁塗装がおすすめな理由や種類などについてのご紹介 All Rights Reserved.